受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

メンズ脱毛の知識

男性のムダ毛処理 脱毛はもはや身だしなみ?

男性のムダ毛処理 脱毛はもはや身だしなみ?

男性のムダ毛事情は時代と共に変わります。以前までは「男はムダ毛なんて気にする必要はない」というのが公平で妥当な意見でしたが、現代ではそういうわけにはいかなくなってきました。清潔感が強く意識される時代においては、ケアできていないことが「だらしなさ」を印象付けてしまうのです。

なぜムダ毛の処理が「身だしなみ」の一つとして捉えられるようになったのか、その時代背景について考えてみます。


「ムダ毛」はもはや身だしなみの対象!?

かつて男性にとって「ムダ毛」は生えていて当たり前、濃くても全く気にする必要のないものでした。少なくても「昭和」という時代においては、世間一般でそのような認識だったのではないでしょうか。 ところが平成も終わりに差し掛かった現在では、「ムダ毛の処理」は男性であっても身だしなみの一つとして捉えられ始めています。

特に営業職や接客業に従事する男性であれば、ヒゲだけでなくすぐに目につく「手の甲や指のムダ毛」についてもしっかりとケアするように指導されることもあります。 「男なんだから毛深くても何の問題もない」という認識から、少しずつ「男性であっても最低限のムダ毛処理はエチケットとして必要」という風潮に変わってきています。

「ヒゲ」もケアして見せるのが正しいあり方

「清潔感」が強く意識される時代にあって、テレビメディアでは「ヒゲ」をファッションの一部として取り込んでいる男性ボーカルユニットなどが映し出されます。一見、矛盾している動きのように思えますが、映し出されるヒゲは「手入れされることなく伸ばされたもの」ではなく、「しっかりとケアされた見るに堪えるもの」です。

正確に言うなら、「見るに堪えるもの」という域を超え、「魅せるヒゲ」という立ち位置にまで存在価値を高めています。 このような人気グループに憧れて、若者たちの間でヒゲを生やす風潮なども一部ございます。しっかりと行き届いたケアでなければ、ヒゲはかえってマイナスポイントとなってしまうため、このあたりを意識して「脱毛施術」を受ける男性も急激に増えてきました


解決策がある時代だから「清潔感への意識」が加速する!

解決策がある時代だから「清潔感への意識」が加速する!

男性のムダ毛が許容されていた時代には、ムダ毛を処理するための適切な手段がほとんど用意されていませんでした。ニードル脱毛(=絶縁針脱毛)という手段がなかったわけではないですが、「高額費用」、「莫大な時間」、「強烈な痛み」など、一般の人々が手を出せるものではありませんでした。

安全で効果的な選択肢が「レーザー脱毛施術」

現代では「濃いムダ毛」であっても安全かつ適切に処理できる解決策が用意されています。当院のような医療機関(クリニック)であれば、「レーザー脱毛施術」にてツルツルを目指して施術いただくことも、ムダ毛の量を適度に減らす「毛量調整」をご選択いただくことも、生やす箇所と生やさない箇所を繊細に切り分ける「デザイン調整」をお選びいただくことも可能です。

解決策がない中で不平不満を言うことはただの「我がまま」と捉えられてしまいますが、「メンズ脱毛」という解決策が用意されている環境下ではその認識は180度異なります。「もじゃもじゃにしている人はあまり好きじゃない…」という女性陣の声は、脱毛施術という解決策が用意されている時代だからこそ強く共感され、確固たる意見として定着し始めているのです。


特に意識しておきたいのが「ヒゲ」

自分のムダ毛処理として特に意識しておきたいのが「ヒゲ」です。というのも、ヒゲはどのような服を身に付けようとも常に人目に付く部位だからです。「ヒゲを生やすべきではない」というわけではありませんが、残すのであれば「清潔感を感じさせるケア」が必要不可欠です

上述したように、「ただ手入れをしていないだけのヒゲ」は女性陣に敬遠される傾向が強くなっています。「魅せるヒゲ」に魅了される女性がいる一方で、どこか可愛らしい清潔感のある「中性的な男性」が強い人気を博していますので、「無精ヒゲ」と呼ばれる放置しているだけの状態は「身だしなみ」として避けるようにしたいものです。

「すね毛の状態」も要チェック ←特にハーフパンツの使用場面

春先移行から秋口付近まで、男性のファッションアイテムとして「ハーフパンツ(短パン)」が広く着用されるようになってきました。すぐに身に付けられる快適なお手軽アイテムですが、「すね毛」をボーボーのまま履いてしまうと遠巻きで白い目で見られてしまいます。

男性同士ではまだまだ許容される傾向もございますが、女性陣の間ではNGという認識が一般的です。時折、電車の中でもこのような男性が堂々と座席に着席するのを見かけますが、隣に座る人のことを考えればやはり「身だしなみ」として最低限度のムダ毛処理はしておくべきでしょう。

医療脱毛(レーザー脱毛)ですっきりと「すね毛」を除去してしまえば、いつでも快適にハーフパンツが着用でき、女性陣からも高評価が期待できます。「清潔感」はこの先も変わりなく続いていく時代のトレンドだと思われますので、持続する脱毛効果をどうぞお早めに手にしてください。


10年以上の脱毛実績を男性脱毛に最適化!

当院は、ジュエルクリニックグループ(JCG)としてレーザー脱毛施術において10年以上の施術実績を有しています。積み重ねてきた脱毛施術のノウハウを同グループにて共有し、男性特有の「濃いヒゲ」や「もじゃもじゃのムダ毛」に最適化させることで「無駄のない効果的な脱毛施術」をご提供しています

「無料カウンセリング」でお待ちしております!

「ムダ毛の処理は身だしなみ」と言われるものの、毛量や部位によっては自分で整えられる範囲を超えてくる場合もございます。どうぞ医療従事者が提供する「プロの脱毛施術」に委ねていただき、快適な脱毛効果を手にしてください。

随時「無料カウンセリング」を実施しておりますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

予約・問い合わせフォーム