受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

ヒゲの脱毛

ヒゲの白髪化!?いつから起こる?脱毛可否や対処法は??

ヒゲの白髪化!?いつから起こる?脱毛可否や対処法は??

ふと気づくと「ヒゲに白髪が混ざっている」という発見をしたことはありませんか。初めて目にしたときは嬉しいような…恥ずかしいような…何とも不思議な感覚だと思います。このようにして見つけた白髪ヒゲ、何だか格好悪いから脱毛施術で「一網打尽にしてしまえば…」と思うかもしれません。ところが、白髪になったムダ毛についてはレーザー脱毛施術で対処することができません。なぜ脱毛効果が出せないのか?いつからヒゲの白髪化は起こるのか?など、白髪ヒゲにまつわる情報をまとめてご紹介します。


白髪のヒゲに対しては脱毛効果を提供できません

白髪のヒゲに対しては脱毛効果を提供できません

 

誠に残念な話ですが、レーザー脱毛施術では白髪に対して脱毛効果を提供することはできません。これは白髪が「メラニン色素」を含んでいないという特徴を有しているためです。

レーザー光は「メラニン色素」を含まない毛には反応しない

レーザー光がヒゲやムダ毛の毛根組織を破壊できるのは、レーザー光が毛に含まれる「メラニン色素」を介して熱エネルギーを浸透させているためです。私たち日本人のヒゲやムダ毛は基本的に黒いのですが、これは毛の中に「メラニン色素」が無数に散りばめられているためです。

レーザー光にはこのような「メラニン色素」に自動的に吸収されていく性質がありますので、毛根組織全体に熱エネルギーを浸透させることができます。 一方、白髪には「メラニン色素」が含まれていないため、レーザー光の熱エネルギーは白髪には無反応となってしまい、ほとんど脱毛効果を届けられないということになってしまいます。


ヒゲに白髪が混ざり始める年齢は?

ヒゲに白髪が混ざり始める年齢は?

「白髪ヒゲにはレーザー光は反応しない」ということを聞くと、何歳くらいになるとヒゲに白髪が混ざり始めるのか…?と心配になるかもしれません。

30代の前半くらいから少しずつヒゲにも白髪が混ざり始める

正確な調査は困難なのであくまでも一般論になりますが、概ね「30代の前半」くらいからヒゲにも少しずつ白髪が混ざり始めると言われています。もちろん遺伝的な体質なども関係しますので、30代後半になってもヒゲに白髪が混ざらないという人もいます。

また「加齢」以外にも次のような要因で「メラニン色素」が毛に供給されにくくなるということが起こり、白髪化する確率を高めてしまいます。

白髪化を助長する要因

●食生活の偏り(栄養不足)

●睡眠習慣(睡眠不足)

●運動不足(血行不良)

●ストレス

「ヒゲの白髪化」を少しでも遅らせたいのであれば、上記のような生活習慣を適切なものに変えていく意識が大切です。


白髪になったヒゲはどう対処すべきなのか?

白髪のヒゲに対しては脱毛効果を提供できません

ヒゲに白髪が混ざり始めると、「何だか俺も歳を取ったな…」と残念な気持ちが広がっていくかもしれません。ところが、数本レベルではなくある程度はっきりと白髪が混ざってくると、「これはこれで悪くないのでは??」と思い始める可能性もあります。

「白いヒゲ」はそこまで不潔な印象をもたらさない

黒いヒゲとは異なり、「白髪ヒゲ」は見た目の上であまり不潔な印象をもたらしません。このため、これまで「ヒゲは必ず剃る!」という習慣を持っていた方でも、「白いヒゲなら少しくらい残しておいてもダンディーなのでは?」という方向に傾くことも考えられます。

ヒゲのデザイン力を身に付けるのも一つ♪

ヒゲの脱毛施術を受けてツルツルにしてしまった方が清潔感を出せることは言うまでもございませんが、ある程度「白髪ヒゲ」が進行してきたということであれば、うまく付き合っていくようなデザイン力を身に付けるのも一つです。

ただし、「白髪ヒゲ」を魅せるヒゲに変えるためには、毛量や肌質なども加味して一般的に40代後半以降ということになるかもしれません。このため、今ヒゲに白髪が混ざり始めて悩んでいるという場合については、別の対処法を模索することになろうかと思います。

対処したいなら「ニードル脱毛(絶縁針脱毛)」

生えてきた数本レベルの「白髪ヒゲ」がどうしても気になるという場合は、「ニードル脱毛(絶縁針脱毛)」を提供しているクリニック(医療機関)をお探しください。 限られた本数であれば、数回程度施術を受ければ「その毛穴からは白髪が生えてこない」という効果を狙うことができます(あくまでも一般論)。ニードル脱毛ではムダ毛の1本1本を捉えて施術しますので、数本程度であれば選択肢として考えても良いでしょう。

ニードル脱毛はあくまでも限定的な逃げ道

まとまった本数取り除きたいということであれば、ニードル脱毛(絶縁針脱毛)は現実的ではありません。「施術に要する費用・時間・痛み」がそれぞれ大きいため、広範囲のムダ毛に対しては選択しづらいものになるはずです。 また、数本生えているということであれば、その後に「ヒゲの白髪化」が進行する可能性がございます。

このため、白髪になっていないヒゲの脱毛施術にもお早目に取り組んでいただく必要も出てくるでしょう。 このようなことから、「ニードル脱毛(絶縁針脱毛)」はあくまでも限られた本数の「限定的な逃げ道」という域を出ません。「白髪ヒゲは嫌だ!」ということであれば、やはり早めに対処するという方向性をご検討ください。


白くなってからでは遅い 気になるなら早めにレーザー脱毛を!

白くなってからでは遅い 気になるなら早めにレーザー脱毛を!

男性はどなたでも加齢によってヒゲに白髪が混ざり始めます。白くなってからヒゲ脱毛を検討し始めても「レーザー脱毛」では対処できず、「ニードル脱毛」では現実的な選択肢になりません。 かと言って、「エステ脱毛」はレーザー脱毛の脱毛効果を何十倍にも薄めたような施術になるため、これも無意味に終わってしまいます。

このため、ヒゲへの対処は「白くなる前に手を打つ」ということが賢い選択だと言えます。 ご覧のように当院にはお得なヒゲ脱毛のキャンペーンプランがございますので、早めに対処いただければ1年程度でヒゲのお悩みを解消していただくことが可能です。

ヒゲの芽の黒いうち?に当院にお任せください♪

当院は初回に「無料カウンセリング」を実施しています。一通りレーザー脱毛施術の脱毛効果や施術リスク、料金プランなどをご紹介し、アットホームな雰囲気の中で患者さまの疑問点などにもお答えしています。 「ヒゲ脱毛」だけでなく、男性特有の「胸毛」や「ギャランドゥー」、目に付きやすい「スネ毛」や「腕毛」、季節を問わず気になる「手の甲の毛「や「指毛」などについてもまとまったプランなどがございます。

ただし、身体のどこに生える毛であっても白くなってからでは対処できませんので、お悩みがある場合はお早めにご相談いただければと思います。 皆さまのお越しをお待ちしております。

予約・問い合わせフォーム