受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

カラダの脱毛

メンズ背中脱毛 肌荒れしている場合の施術可否とポイント

メンズ背中脱毛 肌荒れしている場合の施術可否とポイント

背中に目立つムダ毛が生えているという患者さまの中には、背中の肌荒れを気にしてなかなか施術をご決断できないというケースもございます。元々背中に目立つ毛が生えることは稀ですので、猶のこと施術の際に見られることに対して「ためらい」が生じがちです。背中にできやすい「ニキビ」や「毛嚢炎」や「あせも」について簡単に解説し、背中脱毛のポイントについてご案内します。ぜひ勇気を出してご相談ください。


「背中脱毛」の基本情報

「背中脱毛」の基本情報

背中の脱毛は、うなじ部分を除いた首から下、またワキは含まず、ワキの延長線上をサイドの境界線とした範囲になります。「痛みレベル」の目安は、5段階基準で2.5とご案内しており、痛みに関しては安心して施術をお受けいただける部位になっています。

一方で「背中脱毛」の一番の懸念材料は、太い毛ではなく産毛(うぶげ)が生えていることが挙げられます。相撲中継などを見ていると、力士によっては背中にもゴワゴワとした毛が生えている場合もありますが、日本人の場合あまりはっきりと目に付く背中毛が生えることは稀です。生えていてもチョロチョロと数えられるレベルのムダ毛に留まっているのが通常ですので、このような毛に対してのみ照射していくというスタイルを取ることが一般的です。

産毛(うぶげ)には無駄に照射しない方が賢明!

広範囲の脱毛効果を狙って背中全体に照射してしまいますと、産毛にしっかりと熱エネルギーが浸透せず、反作用のような形でかえってムダ毛が濃くなってしまうケースもあります(=硬毛化)。このため、目立つ場合に限ってその箇所のみにレーザーを照射するという方法をご検討ください。

参照)背中の毛…毛抜き?医療脱毛? 正しい処理方法は??


肌荒れした背中でもレーザー脱毛は可能なの??

「背中毛は結構あるはず…」とお思いの患者さまの中には、「あるにはあるけど、それ以前に背中が汚いからあまり見せたくない…」とお感じの場合もあるかもしれません。「なんでこんなに背中ニキビができるのだろう?」とお悩みかもしれませんが、時としてそれはニキビとは異なり、皮膚の常在菌が感染している「毛嚢炎(もうのうえん)」と呼ばれる症状かもしれません。また、汗が原因で汗管が詰まって起こる「あせも」の可能性もあります。

「ニキビ」と「毛嚢炎」と「あせも」の違い

背中は隠れた肌トラブルが多い箇所として知られています。ここでは、よくある「ニキビ」と「毛嚢炎」と「あせも」の違いについて解説いたします。

ニキビとは?

ニキビとは、毛穴の中にある皮脂腺から過剰に皮脂が分泌されることで起こる症状です。皮脂腺上で「アクネ菌」が増殖することで毛穴の出口部分まで詰まってしまい、毛穴が塞がって炎症が生じるものです。皮膚表面の角質層が盛り上がり、乳白色や黄色い膿が先端にうっすらと見えるという特徴があります。

毛嚢炎とは?

毛嚢炎とは、皮膚の常在菌(黄色ブドウ球菌など)が毛穴の入り口付近で感染してしまい炎症を起こしてしまう症状です。一般的には「毛抜き」で無理に毛穴をこじ開けてムダ毛を抜いたり、「カミソリ」で強く刃を当ててムダ毛を剃ることで毛穴付近のバリア機能が低下し、それを契機として毛穴の入り口周辺で炎症が起こるという流れになっています。

また、脱毛施術の場合にも「熱エネルギー」の影響で一時的に皮膚のバリア機能が低下し、毛嚢炎を発症してしまうことがあります。 見た目の上で「ニキビ」のように見えるため区別しにくいですが、表面には膿の溜まったくぼみが見られたりします。

あせもとは?

あせもとは、「汗疹(かんしん)」とも呼ばれるもので、多汗症や肥満者、また乳児などによく見られる症状です。肌表面の表皮で汗管が詰まってしまい、汗の出口付近で赤い丘疹が細かく生じるものです。ニキビや毛嚢炎との違いとしては、「かゆみ」を伴うことが挙げられます。

背中には皮脂線が多く、汗をかきやすいなどの特徴もあるため、「ニキビ」や「あせも」ができやすい要因が重なっています。また、背中のムダ毛を気にして自己処理している場合については、「毛嚢炎」の発症リスクも加わるため、背中にお肌の悩みを抱えておられる患者さまは想像以上にたくさんおられます

脱毛施術の可否は、皮膚の状態を診て判断します

脱毛施術の可否は、皮膚の状態を診て判断します

「背中の肌荒れが強くてあまり見せたくないし、そもそも施術できるかも心配…」という患者さまは、勇気を出して一度当院の「無料カウンセリング」へお越しください。背中は吹き出物などの肌トラブルを含めて多くの患者さまがお悩みを抱える部位になりますので、当院医師が専門家として適切な判断をさせていただきます。

一般的には「肌荒れ」が多くて脱毛施術を見合わせるケースは稀ですが、冒頭にも話したように、「そもそも産毛には無理にレーザー照射しない方が良い」という側面もございます。「患者さまにとって何がベストになるのか?」という観点から適切なソリューションをご提案いたしますので、「背中のムダ毛をどうにかしたい」とお悩みの場合はお気軽に当院までご相談ください。

なお、「無料カウンセリング」については当院看護士が対応しているケースもございます。このため、診察を含めてご相談をご希望になるケースについては、ご予約の際に「医師の診察希望」とお伝えください(もちろん、この際も無料にてご相談いただけます)。皆さまのご相談をお待ちしております。

予約・問い合わせフォーム