受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

メンズ脱毛の知識

ヒゲ脱毛の“ベストな施術間隔” 毛周期に左右されるワケ

ヒゲ脱毛の“ベストな施術間隔” 毛周期に左右されるワケ

脱毛施術は、必要回数分を短期集中で詰め込めば良いというものではありません。ヒゲ脱毛であれば、ヒゲが生えてくるタイミングに合わせる必要があります。

生えていない時にレーザーを照射しても、その毛穴には脱毛効果を届けられませんので、モグラが顔を出すタイミングを待つ必要があります。このような毛の生え替わり過程を「毛周期」と言いますが、今回はこの毛周期とヒゲ脱毛の施術間隔についてご紹介します。


毛周期とは?

毛周期とは?

毛周期(もうしゅうき)とは「ヘアサイクル」とも呼ばれるもので、毛の生え替わりサイクルのことになります。私たちの毛は「生えては抜けて…」を繰り返し今の状態が維持されています。毛穴から抜けてしまった毛はもう二度と生えてこないわけではなく、また時期が来れば生えてくるという形で循環しています。

「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」…という循環

毛周期は、その時の毛の状態によって上図のように3ステージに分けられるのが一般的です。 「成長期」に毛乳頭(もうにゅうとう)を取り巻く「毛母細胞(もうぼさいぼう)」が毛を生成し、活発に活動することで毛幹(=毛)が成長していきます。

やがて毛幹は毛乳頭から離脱し、毛の成長が止まる「退行期」に移ります。この後、毛は自然に抜け落ちて毛穴の中に毛のない状態である「休止期」に入ります。 このように、「退行期」や「休止期」はちょうど冬眠のような役割を果たし、一定期間を経るとまた毛母細胞が動き始める「成長期」が訪れるというサイクルになっています。

脱毛施術でダメージを与えられるのは「成長期」にある毛

レーザー脱毛施術で正確に脱毛効果を届けられるのは、毛乳頭に毛幹が繋がっている「成長期」のみです。私たちの毛には多くの「メラニン色素」が含まれており、レーザー光はメラニン色素を介して熱エネルギーを浸透させています。

つまり、熱が浸透していった先に「毛母細胞」がなければ毛の生成組織を破壊できずに「空振り」に終わってしまうというわけです。このため、毛周期で言うところの「成長期」は、脱毛施術で言うところの「収穫期」となっています。

部位によって異なる毛周期

上述した毛周期は、部位によってステージ移行の間隔が異なります。次の表でおおよその毛周期 の間隔をご紹介しますが、身体の各部位で毛の生え替わりサイクルが大きく異なるのがわかります。

こんなにも違う!?部位によるステージ移行のスピード

部位 成長期 退行期+休止期
頭髪 2年~6年程度 3ヶ月~4ヶ月
ヒゲ 4ヶ月~1年 1ヶ月程度
眉・まつ毛 1ヶ月程度 1ヶ月程度
3ヶ月~4ヶ月 3ヶ月~4ヶ月
ワキ 3ヶ月~5ヶ月 3ヶ月~5ヶ月
4ヶ月~5ヶ月 4ヶ月~5ヶ月
VIO(陰毛) 1年~2年 1年~1年半

ご覧のように、頭髪の成長期が2年~6年もあるのに対して、眉やまつ毛などは全ステージ含めて2ヶ月程度で生え替わるといった違いがあります。個人差や年齢差、性差などもあるので一概には言えませんが、このような違いは脱毛施術の施術間隔に少なからず影響を与えます。

ヒゲ脱毛の施術間隔 “1ヶ月ごと”が効果的な理由

「成長期が4ヶ月間ある」という事実は、その1本の毛が4ヶ月間そこに留まっているということを意味しているに過ぎません。その時に周りにある毛穴はどのタイミングで毛を生成するのかわかりませんし、運動会のお遊戯に見られる「グループA」「グループB」「グループC」のようなまとまった動きにはなっていないのです。

このため、上記の表で意識しておくべきは「成長期の期間」ではなく、むしろ「退行期と休止期を合わせた期間」だということが言えます。退行期と休止期を「消去法」という観点から活用すると、「どのようなヒゲも1ヶ月程度待てば成長期が巡ってくる」という理屈が成り立ちます。

このため、「1ヶ月程度という冬眠期間」をベースに「生えても直ぐに抜け落ちてしまわないという事実」と「ある程度まとめて効果を届けたいという状況」を加味して、「1ヶ月以上の施術間隔が良い」という判断になってきます。

部位によって理想的な施術スパンは異なる?

「ヒゲ脱毛」以外の他の部位については、人によって1ヶ月間隔が少し早いといったケースも考えられます。特にデリケートゾーンに生える毛については、非常にゆっくりとした間隔で毛の生え替わりが行なわれますので、ご来院頻度は緩やかになるものの「脱毛効果を得るまでの道のり」はどうしても長くなってしまうという影響が出てきます。

このあたりは、ご希望の施術部位によって適切にアナウンスさせていただきますので、カウンセリングの際にご確認ください。


なぜヒゲ脱毛は施術回数が多く必要になるの?

施術間隔が狭ければ狭いだけ早く脱毛施術が完結すると考えるのが通常です。ところが、ヒゲ脱毛は他の部位と比較した場合、相対的に施術回数が多く必要だと言われています。

目標地点(ヒゲ脱毛) レーザー脱毛の施術回数(目安)
ツルツルを目指す 5回~8回
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回

上記は当院がご案内している「ヒゲ脱毛の施術回数の目安」です。ヒゲ脱毛では1ヶ月という比較的短い施術スパンを推奨しているにもかかわらず、成長期が長いことも影響します。


毛穴密度が濃いことによる影響

毛穴密度が濃いということは、それだけヒゲの本数が多いということになります。多くてもレーザーなら一度に照射できそうなイメージですが、既にお伝えしたように「毛穴が多いと言っても常に全ての毛穴に毛が生えている」というわけでもありません。 わかりやすく言うと、一度にまとまって出てきてくれず「ちょくちょく執拗に現れては手間を要求する」ということになります。短いスパンで世話を焼く必要があるものの、全ての毛穴の毛の生成能力を根絶やしにさせるのには毛穴の数だけ時間がかかるということになります。

このため、ヒゲ脱毛の総合的な施術期間は「清潔感を向上させるという場合で最低3ヶ月程度」「極力ツルツルに近づけるという場合で1年程度」は必要になるということになります。


施術間隔のコントロールは脱毛効果にとって重要!

ご説明したような「毛周期」の影響を受けて、ヒゲ脱毛の施術は1ヶ月ごとに3~5回程度施術いただくのが一般的です(患者さまの仕上がり目標に合わせ、どのタイミングで施術を終えるかが異なってきます)。

これを無理に詰め込んでも適切な脱毛効果を早く手にすることはできませんし、ヒゲを仮にモグラに例えるのであれば、モグラがいない時にハンマーを振っても無駄に施術回数を失ってしまうということになります。つまり、「ご予約のタイミング」を見誤らない意識が脱毛施術の成功に大きく影響してきます。

“施術漏れ”に大きく貢献する「年間スケジュール」のご提示

当院は、患者さまが「適切な施術タイミング」を見逃してしまわないように、ご契約の際に予め目に見える形の「年間スケジュール」をご提示しています。患者さまの側でご予約を入れられる状況であれば、ご契約の段階で全体のご予約をざっくりと組んでいただき、何も問題なければその枠に沿って施術をお受けいただくという形にさせていただいております。

込み合う季節ではご希望通り予約枠が押さえられないケースも無いとは言えませんので、適切なタイミングでの「施術漏れ」がないように事前にセイフティーネットを張らせていただいております。

“突き放し”のないコンサルティング型の脱毛

クリニックやエステサロンによっては、ご契約後は「全てを患者さまに委ねる」という形の“突き放し”が行なわれることが少なくありません。当院は、「再診患者さま」を優先するという予約システムを整えており、可能な限り施術期間中にある患者さまをフォローさせていただいております。

お気軽に「無料カウンセリング」にお越しください

当院は、全ての患者さまにまず「無料カウンセリング」を実施させていただき、現時点での予約の混み具合やその後の予想などについてもご案内しています。たとえば前向きに脱毛施術をご検討いただいても、先の予約が取れないような状況ではご契約のタイミングを再調整した方が良いケースも考えられます。

「混雑状況の目安」は患者さまにとって脱毛効果を適切に取り込むための大切な情報ですので、当院は事実をありのままにお伝えしております。適切に施術効果を届けるのが当院の美容医療サービスのモットーですので、どうぞ安心してご相談にお越しください。

予約・問い合わせフォーム