受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

ヒゲの脱毛

青髭(アオヒゲ)に悩む人が気づいていない悪習慣と対策

青髭(アオヒゲ)に悩む人が気づいていない悪習慣と対策

日本人男性であれば、ヒゲのお手入れをビジネスマナーとして習慣化している人は多いと思います。ところがヒゲが濃い男性の場合、剃った後に「青み」がもたらされてしまい、剃っても剃ってもお悩みが解消されないという問題が起こります。「青髭(アオヒゲ)」との付き合い方は非常に難しいものがありますが、生活習慣などによって青髭が知らず知らずに強化されている場合もありますので、当コラムをご一読いただき、青髭についての正しい知識と対策をお取り込みください。


青髭とは?

青髭とは、剃ったはずのヒゲがお顔の肌に透けて見えることで肌が青く映る現象のことです。日本人の場合、ヒゲ自体の色は黒いのが一般的ですが、肌の色に隠れることで黒色が緩和され、印象として青白く見えてしまいます。

青髭になりやすい人

青髭は、日本人男性なら必ずしもなるというわけではなく、なりやすい人なりにくい人がございます。また、なった場合にも人によってその程度に差があります。

青髭になりやすい人の特徴

● ヒゲが濃い人

● 肌が白い人

● 髭剃り回数が多い人

上記のように、ヒゲの濃い人や毛深い人ほど青髭に陥りやすくなります。また、同じ濃さであってもお肌が白い人ほど青さが際立ちます。青髭を気にする人ほど剃毛回数が多くなりがちですが、「剃ること」は「数時間後の青髭を育てること」に繋がりますので、髭剃り回数の多い人ほど「あの人は青い…」という印象を与えやすくなります。

根本的な解決手段は「ヒゲ脱毛」のみ!

青髭は、メンズ用ファンデーションやコンシーラーなどで目立ちにくくする方法もございます。また、上記の「青髭になりやすい人の特徴」を逆手にとって少し日焼けしてみるという手段も考えられます。

しかしながら、いくら表面的に見えにくくしても、素肌の下には既に目立つ青髭があるということですので、ヒゲ脱毛でヒゲを根こそぎ抜き去る以外に青髭を抜本解消する術はございません。このため、当院のような医療機関(クリニック)で「永久脱毛を念頭に置いた青髭対策」をご検討ください。

なお、生活習慣によっては青髭が強化されるケースもございます。直ぐに「ヒゲ脱毛」に踏み切れない場合については、次のような知識をお持ちいただき、意図せず青髭を育ててしまわないように配慮することも大切になってきます。


ヒゲを濃くしてしまう生活習慣は要注意!

ヒゲを濃くしてしまう生活習慣は要注意

男性ホルモンである「テストステロン」は男性の身体や骨格、前向きなメンタリティーのほか、ヒゲや体毛の濃さにも関与しています。毛深さの根本的背景には「遺伝」という切り離せない影響があるのですが、二次的なものとして「テストステロン」の分泌状態によってもさらにヒゲが濃くなり、青髭を助長してしまうケースがあるのです。

もちろん、「テストステロン」は男性が男性であるうえで非常に重要なものなので、「毛深さへの影響」だけを見て少なくすれば良いと考えるべきものではございません。それでも、「ホルモンバランスの乱れた生活習慣」を持ってしまうと、テストステロンの分泌量が過剰になってしまうケースも考えられます。これは、その人が本来生まれ持っている以上の「不必要な毛深さ」を作り得るものですので、生活習慣を整える意識が大切になってきます。

ホルモンバランスを整えて青髭強化を回避しよう!

ホルモンバランスの乱れは、様々な要因によってもたらされます。中でも悪影響の強いものとしては、「不適切な睡眠」や「食生活の偏りと乱れ」、また「喫煙習慣」や「ストレスの溜め込み」などが指摘されています。

青髭を育てないために見直したい生活習慣

● 不適切な睡眠

● 食生活の偏りと乱れ(暴飲暴食)

● 喫煙

●ストレスの溜め込み

「睡眠時間」よりも「睡眠の質」の方が大事?

人によって、理想的な睡眠時間というのは異なります。長く眠ることで体調が良くなる人もいれば、寝すぎない方が身体の調子が良いという場合もございます。この「睡眠時間」については、絶対的な答えがないので一概には言えませんが、「睡眠の質」については確かな事実がございます

睡眠について知っておくべき大切な事

眠り初めた最初の3時間程度は誰にも邪魔されない環境を確保すること

 

睡眠について知っておくべき大切な事

成長ホルモンは、夢を見ていない深い眠り(ノンレム睡眠)の時に分泌されます。浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)は、一般的に90分程度の間隔をワンセットとして繰り返されていきます。

最初に眠りに落ちた時ほど深い眠りに到達しやすく、このタイミングで多くの成長ホルモンが分泌されることが分かっています。 このため、睡眠については「睡眠時間を確保すること」よりも、「睡眠の質を落とさないようにすること」が大切だという見方があります。

到達できる眠りの深さは、上記イメージ図のように時間を追うごとに浅くなっていきますので、「入眠直後の3時間程度に眠りを遮断されないようにすること」が、ホルモンバランスをあるべき状態に整えるために重要になってきます。


食生活については、大豆イソフラボンの摂取が良い?

食生活に関しては、言うまでもなく「バランスの良い食事」が大前提です。それでも、一人暮らしなどではバランスを整えにくい側面があるのも事実です。このような際は、大豆系の食品に含まれる「イソフラボン」をうまく摂り込み、青髭強化を逆方向にシフトさせるのも一つの手です

実は、「イソフラボン」は女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをしてくれることがわかっており、女性らしい美しさをもたらしてくれるものとして注目を集めている食品成分です。女性が男性のように毛深くないのは、女性ホルモンが男性ホルモンよりも優位になっているからという理由がありますので、男性でも「イソフラボン」を十分に摂り込めば体毛の濃さを一定程度回避しやすくなります。

「イソフラボン」は抑毛ローションにも含まれている成分ですので、食生活の中に「納豆」や「豆腐」などをうまく取り入れ、青髭が作られにくい下地を整えるようにすると良いでしょう

参照) 抑毛ローションのメカニズム イソフラボンと抑毛効果

喫煙習慣はやはり見直したいもの…

喫煙習慣はやはり見直したいもの…

喫煙習慣がヒゲに悪影響をもたらす根拠は、喫煙者には「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる男性ホルモンが多いという研究結果(ハーバード大学公衆衛生学部の調査結果)があるためです。

DHTは元々男性ホルモンの95%を占めると言われる「テストステロン」が5αリダクターゼと結合して作られたものです。胎児の性器を形成するなど大きな役割を担うのですが、成人後には「頭皮の場合で薄毛になる影響」や、「ヒゲの場合に濃くなる影響」が生じ得るものです。

煙草を断つというアクションは口で言うほど簡単なものではございませんが、健康面だけでなくヒゲや頭皮にもマイナスとなる可能性がありますので、禁煙が難しい場合は自分なりに本数を調整するなどの対策をお立てください。

ストレスとうまく付き合うには?

高度にシステム化された現代社会では、ストレスを完全回避して生活することはまず不可能と言っても過言ではありません。学校や職場にある人間関係だけでなく、SNSなどで見えない相手とのやり取りなども増えており、日常生活のあらゆる場面でストレスを溜め込みやすくなっています。

ストレスに晒されないことは非常に難しい選択になりますので、ストレスをうまく解消する術を見つけることが重要だと言えるでしょう。ネガティブな感情で慢性的にイライラを溜め込んでしまうと、「自律神経への影響」などからホルモンバランスの乱れを引き起こす可能性があり、結果的に青髭を強化してしまうケースも否定できません。 音楽、料理、ドライブ、運動、ペット、ゲーム…etc. 何でも良いと思いますが、自分なりの趣味や癒しを見つけてうまくストレスと付き合っていくように心がけましょう。


青髭の解消は「レーザー脱毛施術」でご計画を♪

冒頭部分でもお伝えしましたように、「既に目立っている青髭」を解消するにはヒゲを取り除く方法以外に手段はございません。「毛抜きで抜いて目立ちにくく…」と考える男性もおられますが、別の肌トラブルを生んでしまったり、ヒゲがお肌の中に埋もれてしまう「埋没毛」を作ってしまう可能性もあります。

結果的に見た目に悪影響を与えますし、生えてくるヒゲの毛先に神経を研ぎ澄ます生活というのは男性として惨めな印象をもたらします。「レーザー脱毛施術」であれば、お肌を傷付けることなく青みを完全解消することが可能ですので、濃いヒゲについてお悩みの場合はぜひ当院の「ヒゲ脱毛施術」をご検討ください。

随時「無料カウンセリング」を実施しており、キャンペーンプランなどもご用意しております。お気軽にご相談いただけますと幸いです。

参照) レオクリニック恵比寿のキャンペーン・料金案内のページ

予約・問い合わせフォーム