受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

ヒゲの脱毛

就活生のヒゲ脱毛 印象UPが期待できる清潔感効果!

就活生のヒゲ脱毛 印象UPが期待できる清潔感効果!

現在就活中の学生さん、もしくはこれから就活に向けて準備を始める学生さんにオススメしたいのが「レーザー脱毛施術」によるヒゲ脱毛です。面接試験では、「見た目の印象」が試験の結果を左右する場合もありますので、毛深い男性の場合にはぜひ前向きに「現代医療の力」をお求めいただきたいと思います。ヒゲ脱毛に加え、面接試験で意識したいポイントを「身だしなみ」という観点でご紹介していますので、就活学生さんはぜひチェックしてみてください。


就職活動(面接)で気を付けるべきポイント

面接試験では、面接官が限られた時間で各学生をチェックし評価していきます。面接官が投げかけた質問への回答内容は言うまでもなく重要ですが、その時の声のトーンや、話し方、表情、そして「貴方自身が身にまとっている印象」も貴方の評価に影響してきます。

人は良くも悪くもその人の醸し出す印象に影響を受けて相手を評価してしまうものなので、好印象を残せるような戦略が面接試験を勝ち抜くうえで重要になってきます。スーツやビジネスシューズなど「身に付けるものの選択と配慮」、そして髪型やヒゲなど「自分の身だしなみへの客観性」を強化すれば、あなたが面接を通過する確率は相対的に上昇します。


「2つの身だしなみ」を強化して面接試験を勝ち抜こう!

「身だしなみ」については、二つのものに整理して考えることができます。一つは「自分が身に付けるもの」ということで、貴方がチョイスするアイテムやセンスなどのことです。もう一つは「貴方自身に付随しているもの」ということで、「髪型」や「ヒゲ」など、貴方の調整力が露呈するもののことです。

① 身に付けるアイテムのセンスと配慮

日本企業の国内の面接試験では、一般的にビジネススーツ(リクルートスーツ)で面接会場に赴くという習わしがあります。この際に派手な色のスーツやシャツを選んでしまうケースはないとは思いますが、「シャツやスーツに汚れがないこと」や、「鞄や靴についてもビジネスシーンにふさわしいもの」を身に付けていることが大切です

特に就活学生の場合には、面接試験の繰り返しによって「使いまわしのシャツ」にシワが寄ってしまう場合や、面接試験用にと準備した「一つのビジネスシューズ」が使用を重ねることで目に付くレベルの汚れに達してしまう場合もあります。このような際に「シワ」や「汚れ」に気づいていない場合や、「これくらいなら良いだろう」と自己判断していると、それが「貴方の身だしなみ感覚」として評価されることになります。面接官はこのような際に「貴方のモノの考え方や価値観」を見抜くことに長けていますので、面接試験に赴く側としては「完璧な清潔感」を目指すくらいの意識が大切になってきます。

② 自分の身だしなみに関する客観性

身だしなみに関して「貴方自身に付随しているもの」というのは、具体的には「髪型」「ヒゲ」「体毛」などのことです。特にヒゲやムダ毛などについては「生えるものは仕方ない」という側面もありますが、そこに「清潔感」というフィルターが通せるのと通せないのとではビジネスシーンにおいて雲泥の差が生まれます。

企業が求めているのは、「言い訳」ではなく「評価できる結果」ですので、その価値観に沿った調整を心がけましょう。近年では誰しも身近に受けることのできる「医療脱毛(レーザー脱毛施術)」がございますので、このような美容医療の力を前向きにご活用いただきたいと思います。

清潔感のある髪型か、寝ぐせなどないか?

清潔感のある髪型か、寝ぐせなどないか?

基本的に面接試験を受ける際には、「長髪」を避けたスッキリとした髪型を選択するようにしましょう。近年では、男性であっても若者の間でヘアピンをつけるようなケースもございますが、言うまでもなく面接会場ではこのような「若者文化」は通用しません。髪色も自然なカラーで暗めのものに抑えておくべきでしょう。

面接当日は頭髪に「寝ぐせ」を残さず、「整髪料の付け過ぎ」にも注意しましょう。「過度なこだわり」を持っている人物と評価されかねないですし、「周りに不快な匂いを醸し出してしまう可能性」についても配慮できない人物だと捉えられかねません。

ヒゲの処理ができているか?(青髭や明らかな剃り残しはないか?)

ヒゲの濃い薄いは遺伝的な要因がほとんどですので、濃い場合には濃いなりの対策を心がけたいものです。人によっては剃った後に「青髭」として青白く映るケースもありますので、緊急避難的にメンズ用の「ファンデーション」や「コンシーラー」などを使う方法も考えられます。

しかしながら、これらは表面的な対策に過ぎず、何かのきっかけでそれが落ちてしまうとかえってマイナスの印象を与えかねません。このため濃いヒゲに悩みを持つ場合については、正攻法として「レーザー脱毛施術」をご検討いただきたいと思います

参照) 青髭(アオヒゲ)に悩む人が気づいていない悪習慣と対策


ヒゲ脱毛は半年から1年程度必要(早めのご準備を)!

ヒゲ脱毛は半年から1年程度必要(早めのご準備を)!

ヒゲ脱毛では、最低3度程度の同部位施術で「体感としての見た目」に「清潔感」が取り込めます。当院としては、ヒゲ脱毛の目安として以下のような「施術回数」と「トータル施術期間」をご案内しています。

ヒゲ脱毛の施術回数とトータル期間の目安

目標地点 レーザー脱毛の施術回数 トータル期間
ツルツルを目指す場合 5回~8回 1年程度
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回 半年程度
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回 3ヶ月程度

※ヒゲ脱毛の施術間隔は概ね1ヶ月ごとを推奨しています。

レーザー脱毛施術は、即日ツルツルというわけにはいかないものですが、「清潔感」を取り込むということでは非常に大きな効果が期待できますので、就活学生さんについてはある程度「前倒しでのご準備」をオススメしています。

「術後の赤み反応」なども加味してご計画を♪

ご注意いただきたいのは、施術後には通常反応として一定期間「赤みなどの炎症」がどの患者さまにも生じる点です。1~2週間も経過すればヒゲが自然に抜け落ちていき赤みもなくなっていくのが通常ですが、この期間に面接試験が重なってしまっては困りますので、しっかりと事前計画をお立てください。ヒゲが抜け落ちる前には、お肌のむくみなども含め「泥棒ヒゲ」のようになるケースもございますので、お早目のご準備をお願いします。

参照) ヒゲ脱毛後に現れる泥棒ヒゲ!?どうして濃くなる?原因と対策

「手の甲や指毛」についても意識すべきタイミング??

面接時の「お顔のヒゲ」ほど即座に対処すべきものではございませんが、新社会人として社会に出ていくことが先々決まっているのであれば、面接前の就活段階で「手の甲や指の毛」を整えておくのも一つの手です

ヒゲが濃くて悩んでいるという男性患者さまの場合には、概して「手の甲や指」にもある程度目立つムダ毛が生え揃います。特に「営業職」や「販売職」に就くことを目指している場合には、このような目に付く体毛についてもキレイに整えておく方が「後々のマイナス影響」を回避することに繋がります。ぜひ以下のコラムを参照に、「ヒゲ脱毛」と併せた「目立つ部位のムダ毛対策」をご検討ください。

参照) 要注意!「手の甲や指の毛」は見られている!?医療脱毛で解決を!

「無料カウンセリング」でご相談ください

学生さんの場合には、脱毛施術を受けるのが初めてという場合も少なくありません。近年では格安の「エステ脱毛」などもあり、「契約後に予約が入れられない」といったケースや「安全面」などで多くのトラブル報告が上がっています。安心して確かな脱毛効果を手にできるのは、医療機関であるクリニックのみですので、ヒゲや体毛のムダ毛についてお悩みの場合は「医療脱毛(レーザー脱毛施術)」を前提とした対策をお立てください。

随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

予約・問い合わせフォーム