受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

知識

【男の脱毛】海外事情 日本と諸外国のムダ毛処理感覚の違い

【男の脱毛】海外事情 日本と諸外国のムダ毛処理感覚の違い

日本人男性のムダ毛処理に対する感覚と、海外に暮らす人々のムダ毛処理に対する感覚は異なります。特にアンダーヘアをあまり手入れしようとしない日本人文化は、諸外国の方々に不潔だという印象を与えてしまうようです。この他にも海外では「タトゥーを美しく見せるためのムダ毛処理」があったり、一流スポーツ選手の意識の中にムダ毛処理の感覚の違いが見て取れます。当コラムではこのようなムダ毛処理の海外事情について取り上げ、ムダ毛に関するグローバルスタンダードについて考えて見たいと思います。


1.欧米圏の「アンダーヘア」に対する感覚

欧米圏に暮らす人々にとっては、アンダーヘアを整えることは男女問わずエチケットになっています。日本文化について知らない欧米人男性がよく日本人女性の手入れされていないアンダーヘアにショックを受けるという話を耳にしますが、そのくらい「アンダーヘア」を処理することはアメリカやヨーロッパの人にとっては当たり前です。

アンダーヘアの処理は大人としてのエチケット

欧米圏では男性もアンダーヘアを整えるのが一般的です。国や人によってどの程度残すのかといった感覚は異なりますが、ツルツル派が比較的多く、ツルツルを好まない男性でも不潔だと感じさせないような手入れをしているのが通常です。日本人男性のように「ほとんど何もせずに放置している」ということは想定外であるため、諸外国の方々が日本で銭湯や温泉に入ると「繊細な日本人がどうしてアンダーヘアには鈍感なのか」と強い疑問を持つケースも少なくありません。

短期的な海外留学ならまだしも、国際舞台での恋愛事情に関心を寄せている男性はぜひアンダーヘアを整える習慣をお作りください。特に日本人のムダ毛は黒くて目立つという特徴がありますので、フサフサの状態では大切な場面で強い嫌悪感を抱かれてしまう可能性があります。現在、日本でも「メンズVIO脱毛」に関心を寄せる男性が徐々に増えてきており、当院でもこのような施術を取り入れています。毛量を減らすだけでもグッと清潔感をアップできますので、前向きに「メンズVIO脱毛」をご検討いただけますと幸いです。

参照) メンズVIO脱毛のベストバランス 女性の意見と本音は?

 

2.タトゥーのためのムダ毛処理

2.タトゥーのためのムダ毛処理

タトゥーは諸外国では日本とは異なった感覚で用いられ、ファッションとしての意義だけでなく、強い決意を刻むといった側面もあります。この際に体毛の濃い諸外国の方々の場合には、皮膚の上に生えているムダ毛が邪魔になるといった影響がございます。

ムダ毛を除去して清潔感を付与したいというよりは、「肌の上に乗せるタトゥーを美しく見せたい」、もしくは「タトゥーを入れる際に邪魔にならないようにしたい」との思いから前段階として脱毛施術を受けることがあるようです。 また、タトゥーを入れてしまった後ではレーザー脱毛施術でムダ毛に対して適切にレーザーを反応させられなくなる影響もあり、先にタトゥーを入れたい部位のムダ毛を生えてこないレベルにまで脱毛してしまうということが行なわれます。

「タトゥーをキレイに見せること」は清潔感とは別の意義がある

日本では刺青は昔から暴力団等の悪いイメージが付きまとうため、諸外国のようにファッションとしては受け入れられにくい傾向があります。ところが、海外ではタトゥーが個人のアイデンティティーと強く結びつくくらい大切に扱われることもあるため、タトゥーのために脱毛施術を受けるということも決して珍しくありません。

日本人の場合、たとえばタトゥーを掘りたいという場合にムダ毛が邪魔になるケースは稀ですが、特に欧米圏の男性の場合には腕や胸にもかなりの量の体毛が生え揃います。先にご紹介した「アンダーヘア」のように体毛を丁寧に処理する習慣まではあまりございませんので、「タトゥーのための必要プロセス」として脱毛施術が選択されるのです。日本人感覚では想像しにくい「脱毛動機」ではありますが、所変われば品も変わるように、ムダ毛処理の目的も多種多様ということが言えます


3.スポーツ選手の「プロ意識」の中にあるムダ毛処理

3.スポーツ選手の「プロ意識」の中にあるムダ毛処理

海外のサッカー中継などを目にすると、体毛をゴワゴワと生やした状態でプレーしている選手は稀です。日本人と比較して諸外国の人々は体毛が濃いはずなのに、どうして体毛が見受けられないのかというと、多くの一流プレーヤーたちは自分の体毛を処理しているからです。

一流のパフォーマーたちの「見せるエチケット」

海外のサッカー選手の多くは、プレーの際に見られていることを強く意識したパフォーマンスをします。海外では日本とは異なってマッチョな男性が好まれる傾向があり、各選手は自身の筋力トレーニングはもちろんのこと、美しさに対する感覚も兼ね備えており、あらゆる面でパフォーマーとしての一流を追求しています。プレーヤーとしての「見せるエチケット」にも配慮して、特にサッカー選手の場合には脚のムダ毛について適切に処理しているのが一般的です

一流選手のメッシ選手については、本来ヒゲの毛量に比例するだけのスネ毛がかなりの量生えると想定されますが、彼の脚はいつでもツルツルに仕上がっています。日本のサッカー選手もこのようなプロ意識を見習い、海外組と呼ばれる選手たちは脱毛施術を取り入れることが多くなってきているようです。そしてこのような流れは、じわじわと一般の日本人男性の中にも広がってきていると見ることができます。


「ムダ毛処理のエチケット」をグローバルな視点で♪

当コラムでは、ムダ毛処理に対する感覚の違いを欧米諸国を例に考察してみました。どの部位のムダ毛をどの程度減らすべきかという「ムダ毛処理のエチケット」については、各国それぞれで基準が異なります。ところが、男性のヒゲを除いて「生えていない状態を作り上げることを嫌う文化」というのは世界的に稀です。

日本人の場合には、アンダーヘアにおいてこのような感覚が少なからず見られますが、グローバルスタンダードに照らすと、ムダ毛は全般的に処理している方が好感を持たれるのが一般的だとまとめることができるでしょう。

レーザー脱毛施術は、貴方の希望に沿った清潔感を付与できます!

医療脱毛(レーザー脱毛施術)では、ツルツルを目指す施術、毛量ダウンを狙う施術、デザインを整える施術など、多種多様な選択が可能です。ご希望に沿った清潔感を手にしていただけますので、ぜひ当院のレーザー脱毛施術をご検討ください。随時、無料カウンセリングを実施していますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

予約・問い合わせフォーム