受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

ヒゲの脱毛

無精ヒゲはなぜNGなの?日本人の髭剃り文化の謎に迫る!

無精ヒゲはなぜNGなの?日本人の髭剃り文化の謎に迫る!

私たち日本人はほぼ毎日ヒゲを剃っていますが、そもそもどうして日本では「髭剃り習慣」が当たり前のようになっているのでしょうか。海外ドラマに登場する俳優などに憧れて「無精ヒゲ」を生やそうものなら、日本では即座に冷たい視線が寄せられます。特にビジネスパーソンの場合には、ヒゲを放置することは社内評価にも関わるくらい重要な問題になるケースもあります。日本人が当たり前のように日々実践している髭剃り文化について、その謎を掘り下げて考えてみましょう。


なぜ日本では「ヒゲを剃ること」が当たり前なのか?

海外では、少しくらいヒゲを残していても日本ほど厳しい視線は寄せられません。日本では毎日ヒゲを剃ってケアすることが当たり前のようになっていますが、どうしてヒゲを放置していると「だらしない人間」と認定されてしまうのでしょうか。

理由1)日本人は堀が浅く、ヒゲが調和しにくい顔立ちだから

無精ヒゲであっても、それがごく自然に調和している顔立ちであれば、ここまで無精ヒゲが否定されることはなかったでしょう。しかし、残念なことに私たちアジア人は概して「堀の浅い顔立ち」という特徴があります。加えて、生えてくるヒゲが黒くて肌と調和しにくいという特徴もあります。このようなことで、のっぺりとした顔の上に無造作にヒゲが乗っていると、否が応でも目立ってしまうのです。

日本人であれば、このようなヒゲの立ち位置を当然のように理解しています。このような共通認識があるため、朝起きて顔を洗って鏡を見ている習慣があれば、ヒゲは伸び放題のまま放置されることはないと無意識レベルで考えがちです。このようなことで、実際に無精ヒゲを生やしている人物に遭遇すると、事実がどうであるかに関わらず「怠け者のでだらしない人間」という捉え方をしてしまうのです。

理由2)日本は概して「横並びの社会」だから


理由2)日本は概して「横並びの社会」だから

日本では、特にビジネスシーンにおいて個性が否定されやすい傾向があります。学校では随分以前から「個性を認めて伸ばすこと」が大切だと言われて来ましたが、実社会では他と異なる傾向は「出る杭」として打たれやすい世の中になっています。

日本人のヒゲは、上述のように目立ちやすいという特徴がございますので、概して日本のビジネスシーンでは否定されやすくなっています。近年では、職種によって許容されるケースも増えてきましたが、一般的な見解としては「ヒゲは剃ってくること!」がビジネス上の常識となっています

たとえ、たまたま堀が深く目鼻立ちもしっかりとしていてヒゲが似合う男性であっても、新社会人で堂々と髭を生やして出社すると、間違いなく先輩や上司から注意されてしまうでしょう。貴方の個性を打ち出す前に、貴方が会社に合わせることを学ばなければ、横並びの社会からは弾き出されてしまうのです。このため、大学生の頃は放置できていた「無精ヒゲ」であっても、社会に出ると否が応でも剃ることを学び、その文化がまた次の世代へと受け継がれていきます。


無精ヒゲを伸ばしている人は、なぜ剃らないのか?

無精ヒゲを伸ばしている人物であっても、「無精ヒゲがプラスに受け止められにくい傾向」については理解しているのが一般的です。では、どうしてあまり評価されにくい「無精ヒゲ」をわざわざそのまま放置して伸ばしているのでしょうか。

理由1)単純に毎日剃るのが面倒臭い

「無精ヒゲ」についてこだわりを持っている人はそれほど多くはなく、どちらかと言うと「剃るのが面倒臭くてこうなった…」というケースが少なくありません。中には、「剃るのは肌に良くないと聞いたので、わざわざ面倒臭いことをしてまで肌を痛めたくない」と考える人もいます。この点について掘り下げると、逆に「どうして剃らなければならないのか?」を説明するのは難しいようにも感じます。

理由2)剃ることを強要されることが納得できない


理由2)剃ることを強要されることが納得できない

「無精ヒゲ」に関わらず、ヒゲを生やしている人の中には、似合うかどうかを別にして「剃ることを強要されることに納得ができない!」という場合も考えられます。「社会に出た際には毎日ヒゲを剃らなければならない」という法律などないので、「一般的には皆剃っているので…」と言うだけでは納得できない側面もあると思います。

こちらについて妥当な回答を導くのは非常に困難ですが、社会とは「自分を主張する場」というよりは、「自分を適応させてその中で評価を勝ち取る場」という前提があります。このため、「まずはフラットに近づける調整力」を身に付け、実際に「誰もが認めるだけの評価」を手にした後でヒゲを自由に料理すれば良いとお考えいただきたいと思います。


ヒゲ脱毛で「お手入れの手間」や「剃る悩み」を解消しよう!

少し放置しているだけでニョキニョキと生えてくるヒゲについては、日本人男性の多くがストレスを感じています。別に「無精ヒゲ」をアピールしたいわけでなくても、2,3日お手入れを怠るだけで白い目で見られてしまうというのはやはり不条理です。

「レーザー脱毛施術」で時代傾向にフィットした大人に♪

いつまで経っても解消されないヒゲのお悩みについては、どうぞ当院の「レーザー脱毛施術」をご検討ください。施術回数に応じて「毛量を減らす」というご選択や、「ヒゲのお手入れからの解放」を目指していただくことも可能です。

「なぜ剃らなければならないのか…」と不満を持ちながら剃り続けるくらいなら、限りなくヒゲが生えてこない状態に近づけてストレスなく仕事に打ち込んだ方が精神衛生上良いはずです。実際に日々カミソリを当て続けるのはお肌に良くないという事実もございますので、肌トラブルを減らすという意味でもヒゲ脱毛は大きなメリットになります

ぜひ「清潔感が重視される時代傾向」を前向きに受け止め、当院の「ヒゲ脱毛」でいち早くツルスベお肌を確保してください。その先には貴方が活躍しやすい社会が広がっていくはずです。随時、「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

予約・問い合わせフォーム