受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

ヒゲの脱毛

ヒゲ文化の移り変わり 歴史に垣間見るヒゲの未来!

ヒゲ文化の移り変わり 歴史に垣間見るヒゲの未来!

歴史を紐解くと「ヒゲ」は時代によって様々な捉え方がされます。好感される時代があったかと思えば否定される時代がやってきて、またその価値観も次の時代に移ればあっさりと覆っていきます。当コラムは歴史を語るものではございませんが、ヒゲの捉えられ方は実に興味深いことから、簡単に時代の中の「ヒゲ文化の移り変わり」について考えて見たいと思います。


時代と共に移り変わる「ヒゲの価値」

ヒゲの評価付けは時代によって様々です。あくまでも概要に過ぎませんが、「ヒゲの時代変遷」について簡単に確認できるところをご紹介します。

戦国時代まで:ヒゲは「威厳」「権力」の象徴だった

ヒゲ文化の移り変わり 歴史に垣間見るヒゲの未来!

日本史の教科書に登場する著名な人物たちの多くは「ヒゲ」をたくわえています。聖徳太子(奈良時代)、藤原道長(平安時代)、源頼朝(鎌倉時代)などの肖像画にはしっかりとヒゲが描かれており、ヒゲをたくわえることで「権威」や「威厳」をうまく活用していたことが自ずと想像されます。

また、戦国時代には「強さのシンボル」という意味合いでほとんどの武将がヒゲを生やし、男気を誇示するという観点からも「ヒゲはなくてはならないもの」という捉え方がされていたようです。

江戸時代:4代将軍の徳川家綱が「大髭禁止令」を発布

江戸幕府になって時代が安定してくると、「権力」や「強さ」の象徴としてのヒゲの価値が徐々に薄れていきます。力を誇示しようとする武士の存在がそもそも不要になっていき、「強さ」や「権威」を印象付ける「ヒゲ」を取り締まろうという意図から、4代将軍の家綱が「大髭禁止令」を発布しました。

この結果、医師や人相見など、特定の職に就く人物を除いてヒゲを生やすことが難しくなり、日本の夜明けとされる明治時代に至るまで、「ヒゲのない時代」が継続していきました

明治時代:外国人が再びヒゲをもたらした!

「大髭禁止令」をきっかけとして江戸時代には「ヒゲ」が禁じられていましたが、明治になると開国と共にヒゲをたくわえた外国人が多く日本を訪れるようになります。鎖国によって遅れを取っていた日本では、西洋諸国に追いつかなければとの機運が高まり、多くの政治家や権力者たちが身なりを含めて外国人を模倣するようになります。

たとえば、伊藤博文、大久保利通、板垣退助などは「文明」の象徴としてヒゲを捉え、主体的にヒゲを新しい風として取り入れていきました。

昭和:働く姿勢が強化され「髭剃り習慣」が定着!

昭和:働く姿勢が強化され「髭剃り習慣」が定着!

昭和という時代には「高度経済成長」の波が訪れます。現代とは異なり、年功序列制の終身雇用というスタイルが一般的で、「男は所属する会社と共に人生を歩む」という捉えられ方がされていました。

「カミソリ」や「電気シェーバー」の普及も相まって、ヒゲを剃って出社するという習慣が根付き、いつしか「ビジネスシーンではヒゲは不要」という考え方が広がって行きました

平成:「清潔感」に対する評価が急上昇!

平成になると徐々に「男らしさ」に対する捉えられ方が変化していきます。社会の枠組みやインフラを含めて「一定程度の豊かさ」が浸透してきたためか、過酷な環境下で力強く生きる男性よりも、賢くスマートに生きる男性に注目が集まるようになりました。

特に近年では女性の間で「中性的な男性」が好まれるようになってきており、男性側もこのような女性の好みに近づこうとする姿勢が芽生えてきています。ヒゲやムダ毛に対するケア意識も高くなってきており、「ただ剃っていれば良い」という時代から「ヒゲを生やさなくする脱毛施術」やヒゲを生やす際にも「清潔感の漂う魅せるヒゲ」を求める傾向が出てきています。


ヒゲの未来予想図は??

時代と時代の節目の中にあって、「清潔感」を求める傾向は益々強くなってきています。必ずしも次の時代がヒゲをマイナス評価するとは限りませんが、「見た目の上での男らしさ」を誇示しなければならないような社会構造の急変は考えにくく、未来予想図としては「清潔感を求める傾向の強化」が想像されます。

医療脱毛の方がエステ脱毛よりもメジャーになるかも!?

光脱毛(フラッシュ脱毛)を提供しているエステサロンだけではなく、近年ではレーザー脱毛を提供しているクリニック(医療機関)も増えてきています。また、当院のような「男性専用の脱毛クリニック」も広がりを見せていますので、次の時代には男性が美容院に行くような感覚で脱毛施術を受けるようになるかもしれません。

特に男性の太くて濃いムダ毛には「強い出力」が必要です!

特に男性の太くて濃いムダ毛には「強い出力」が必要です!

目標地点をどこに設定するかは別として、男性の脱毛施術では「毛根組織を破壊する強い出力」が必要不可欠になっています。この事実に関しては、ヒゲ脱毛が提供され始めた当初にはあまり浸透していませんでしたが、現在では時間経過と共に正しい情報が広がりつつあります。

このようなことから、特に未来の男性のムダ毛ケアに関しては、「一過性の清潔感が得られる光脱毛」ではなく、「清潔感の保持が期待できる医療脱毛」に注目が集まっていくはずだと考えられます。お早めに施術いただいた方が長期間「お手入れ不要のメリット」を味わえますので、少しでも興味を持っておられる男性はお気軽に「無料カウンセリング」にお越しください。

参考: 脱毛効果と必要な施術回数の目安

目標地点 レーザー脱毛の施術回数 トータル期間
ツルツルを目指す場合 5回~8回 1年程度
5割~7割程度の脱毛効果 3回~5回 半年程度
2割~5割程度の脱毛効果 1回~3回 3ヶ月程度

※施術間隔はヒゲ脱毛で1ヶ月ごと、他の部位で2~3ヶ月ごとが一般的です。

予約・問い合わせフォーム