受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

コラム

ヒゲの脱毛

童顔だからこそヒゲ脱毛!コンプレックス解消の近道

童顔だからこそヒゲ脱毛!コンプレックス解消の近道

幼い顔立ちでもヒゲはニョキニョキと生えてきます。「ヒゲなんて似合わないのに厄介だな…」と思ってみても、わざわざ脱毛施術を受けるほど濃くないので結局はカミソリや電気シェーバーを手にしているのではないでしょうか。「童顔」は本人にとってコンプレックスになっている場合もありますが、童顔フェイスの方が「脱毛施術後のツルスベお肌」がフィットしやすいという側面もあります。ぜひ、当コラムをご一読いただき前向きに「ヒゲ脱毛」をご検討ください。


童顔(幼い顔立ち)にヒゲは映えない…

幼い顔立ちをしている男性であっても、18歳前後になる頃には多かれ少なかれヒゲが生えてきます。童顔という顔の作りから言うと「ヒゲは映えない」わけですが、似合うか似合わないかに関わらずヒゲはお構いなしに生えてきます。

そもそもヒゲまで弱々しいケースが多い…汗

そもそもヒゲまで弱々しいケースが多い…汗

ワイルドな男性ボーカルユニットなどに憧れて、「自分もヒゲを生やしてみればそれらしくなるのかな?」と挑戦しても、そもそもあまり逞しいヒゲが生えないケースも少なくありません。数日程度で「やっぱり止めておこう…」となる場合が多く、童顔という顔立ちに生まれてきた男性にとっては、「ヒゲは全く日の目を見ることのない邪魔な存在…」ということになってしまいます

童顔男子の場合、ヒゲはそれほど濃くないので一日に何度も剃る必要までは考えにくいですが、ちょろちょろと生えてくるヒゲを放置していてはだらしなく見られてしまいます。このため、結局はヒゲの濃い男性と同様に日々「カミソリ」か「電気シェーバー」で自己処理せざるを得なくなります。

髭剃り生涯時間は思ったよりも多い!?

1日に10分程度の髭剃り習慣は、慣れてしまえば何でもないとも考えられますが、実際に生涯ヒゲを剃るために使用される時間は40年間で捉えた場合「2,433時間程度」という試算も成り立ちます。

髭剃り生涯時間(試算)

10分(日)×365日(年)×40年=146,000分 → 2,433時間(≒約100日)

「見方によっては100日間もヒゲを剃り続けている…」ということになりますので、やはり髭剃りから解放されたいと考えるのは自然で、お肌の乾燥や肌荒れリスクなどを踏まえても、「映えないヒゲなら生えなくしてしまいたい!」と考えるのが当然だと言えるでしょう。


コンプレックスを逆手に「キレイ系男子」を目指そう!

それほどヒゲが濃いわけでもないのに「ヒゲ脱毛」を口にすると、「自分って意識高すぎる系男子かも…?」と不安になるかもしれません。「ヒゲ脱毛」には興味があるんだけど、このような事情からなかなかクリニックの扉を叩けないと尻込みしている童顔男性は多いのではないでしょうか。

ヒゲが濃くなくても脱毛施術は可能!

ご安心ください。男性であれば、ヒゲが特別濃くなくてもレーザー脱毛施術をお受けいただけます。ヒゲ脱毛の目的は十人十色で、「剛毛ヒゲを退治すること」を主眼に置く場合もあれば、「それほど濃いとは思わないけれど清潔感を取り込みたい」と考えるケースもあります。

あるいは、濃さに関わることなく「とにかく剃るのが面倒だからヒゲを減らしたい!」と考える男性も多いです。また、ヒゲを無くすという方向ではなく、「魅せるヒゲを作りたい」と考える男性もおられ、このような男性患者さまには「デザイン髭」という方向で施術することもできます。

童顔男子の場合であれば、顔の特質を生かして「キレイ系男子」を目指すという方向でヒゲ脱毛をお考えいただければ良いと思います

童顔な男性ほど、「中性的な男性」を目指しやすい♪

童顔な男性ほど、「中性的な男性」を目指しやすい♪

近年、特に若い女性を中心に「中性的な男性」を求める傾向が強くなってきています。男性でありながらも「女性のような内面の繊細さ」と「外観の美しさ(清潔感)」を兼ね備え、細やかな気遣いができる「フラットな男性像」に人気が集まっています。

「童顔だからヒゲなんて全く似合わないし…」とストレスを感じながらヒゲを剃り続けるのではなく、むしろその顔立ちを活かして「フラットで中性的な男性」を目指してみてはいかがでしょうか。レーザー脱毛施術のヒゲ脱毛をお受けいただければ、ヒゲの発毛率を圧倒的に抑制することができますので、自己処理による「肌荒れリスク」なども回避しやすくなります。

お肌の見た目としても「キレイ系男子」を演出しやすくなりますので、女性が心理的に近づきやすい雰囲気が作られていきます。ワイルドさに憧れる女性も確かにおられますが、傾向としては女性の立場から見た「自分寄りの男性」が好かれやすくなってきていますので、童顔というコンプレックスをぜひ前向きにご活用いただきたいと思います


敏感肌・乾燥肌の場合もお気軽にご相談を♪

患者さまによっては、「自分は敏感肌(乾燥肌)だから、レーザー脱毛施術が受けられない」と考えておられるケースもあります。確かに、「敏感肌」や「乾燥肌」の場合には脱毛施術を受ける際に注意すべきポイントが多くなりますが、ほとんどのケースでは問題なく施術をお受けいただけます。

参照) 敏感肌男子 ヒゲ脱毛(医療脱毛)は可能?不可能?影響は??

ご不安点は「無料カウンセリング」で解消を!

施術に際してご心配が強い場合には、レーザー脱毛施術の可否を「当院医師の診察」にて判断させていただくことも可能です(ご希望に合わせて「無料カウンセリング」の中で診察させていただきます)。医療機関(クリニック)でのレーザー脱毛施術は、エステサロンのような利潤追求型のものではなく、患者さまベースでの美容医療サービスですので、適切な情報と環境の中で安全に施術をお受けいただけます。どうぞお気軽に当院までご相談ください。

予約・問い合わせフォーム