受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

顔(ヒゲ)の脱毛

話題のヒゲ脱毛を都内最安値で提供!

お顔の脱毛に関する施術は、当院の場合わかりやすくシンプルな2種類のプランをご用意しております。ヒゲ脱毛のセットプランの多くは、顔の中の部位が指定されているケースが多く、希望の部位をセレクトしたくても、セットプランには含まれていないために希望の形を満たせないことも少なくありません。当院の場合は、シンプルで選びやすいプラン設定ですのでご安心いただけます。

ヒゲ脱毛を都内最安値

ヒゲ脱毛の2プラン

人気のキャンペーン

ヒゲ脱毛2回プラン

ヒゲ脱毛を迷っているあなたへレオクリックが最安ヒゲ脱毛プランをご案内します!エントリープランとしてもご利用いただける「ヒゲ脱毛(全体)2回980円」は今だけ!お早めにお問い合わせください。

渋谷ヒゲ脱毛激安プラン

対象部位/回数 料金(税別)
ヒゲ全体(鼻下・口周り・あご・あご下・頬・もみあげ)/2回 980円

渋谷のヒゲ脱毛キャンペーン

対象部位/回数 料金(税別)
ヒゲのみ(鼻下・口周り・あご・あご下)/1年間最大12回 49,800円
ヒゲ全体(鼻下・口周り・あご・あご下・頬・もみあげ)/1年間最大12回 59,800円

顔脱毛3回プラン

渋谷のメンズ顔脱毛

対象部位/回数 料金(税別)
頬・もみ上げ/6ヶ月最大3回 29,800円
眉毛/6ヶ月最大3回 19,800円
/6ヶ月最大3回 19,800円
部位別料金/回数 1回 3回 5回
ヒゲのみ
(鼻下・口周り・あご・あご下)
¥19,800 ¥34,800 ¥58,800
ヒゲ全体
(ヒゲ+頬+もみあげ)
¥29,800 ¥58,800 ¥98,800

(ヒゲ全体+額+鼻)
¥39,800 ¥88,000 ¥128,000

キャンペーンページへ


青髭(ヒゲ)って解消できるの?

青髭は医療脱毛で解消可能なものです。ヒゲを根元から抜き去ることでヒゲの影を見えなくできるため、施術によってお顔の印象を清潔なものに変えることができます。


青髭はなぜ起こる?

青髭はなぜ起こる青髭は、ヒゲという毛の特殊性によってもたらされます。ヒゲは他の部位に生える体毛と比較すると太くしっかりとしており、毛の生える密度(皮膚面積に対する毛穴の割合)も高いという特徴があります。

また、毛穴自体が皮膚の深い位置にまで達していることから、ヒゲを剃った後も皮膚の内部に太く黒い影が透けて見えてしまいます。お肌の色味と皮膚内部に透ける毛の影が重なることで青髭ができてしまうのです。毛抜きを使用すると、途中でちぎれて「埋没毛(まいぼつもう)」をもたらしてしまう可能性もあり、かえって青髭を助長させてしまうことも考えられます。

埋没毛(まいぼつもう)とは?

埋没毛は、特に「毛抜き」で毛を抜いていると起こりやすい症状です。毛が根元から抜けずに毛の中でちぎれてしまったときに、尖った毛先が本来の出口(毛穴)とは別方向へと成長し、皮膚の内部に埋もれて塞がってしまうようなものです。


青髭を仕留めるのは「医療レーザー脱毛」

青髭は、ヒゲを根元から取り除かなければ解消できません。エステのフラッシュ脱毛や脱毛ワックスで毛を毛根から除去できるケースもございますが、すぐに再生される処置なので一時しのぎに終わってしまいます。 青髭を仕留めるには、医療レーザー脱毛で毛の生成を促している「毛母細胞」を破壊、もしくは機能停止に追い込むしかありません。

一つ一つの毛穴に対してしっかりと毛の生成能力を奪っていくことで、肌に透ける黒色を減らしていけば、やがて黒い影も消えて青髭は消滅します。完全にツルツルにまでしなくても、適度に残すという選択でも青髭は気にならないレベルへと変化させることができます。持続的に毛を生えてこなくさせる処置は「医療脱毛」だけですので、ぜひ前向きに当院での施術をご検討ください。


「魅せるヒゲ」はデザイン調整で!

ヒゲ脱毛デザインヒゲ脱毛は、全てのヒゲをなくすというプランだけではございません。清潔感が出せるレベルに抑えて残すという選択も可能ですし、生やす部位と脱毛する部位を特定させてデザイン調整していくこともできます。

近年「魅せるヒゲ」も男性の中の一スタイルとして定着しつつありますので、元々ヒゲが濃い方はうまく残す形でヒゲを長所として生かすこともできます。当院では、ヒゲのデザイン面なども含め無料カウンセリングを実施しておりますので、漠然とした希望やご要望でも結構です。ご相談したいことがございましたら、ぜひ「無料カウンセリング」をご活用ください。


ヒゲ脱毛で起こりうるトラブル・リスク

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎とは術後白ニキビのようになったり、赤いブツブツなどが現れる症状です。原因は、レーザー脱毛の熱エネルギーによるバリア機能の低下です。お肌にはもともと一定程度のバリア機能が備わっていますが、脱毛施術で高い熱エネルギーを受けて毛が離脱していくと、どうしてもこの機能が一時的に低下し、レーザー照射した部位の毛穴に雑菌が入り込んで炎症をもたらします。

術後の赤み・ヒリヒリ感

ヒゲ脱毛の施術をお受けいただいた患者さまの場合、ほぼ全員に赤みやむくみ、ヒリヒリ感などが現れます。これは、レーザー脱毛施術が毛のメラニン色素を介して熱エネルギーを浸透させているため、一定程度皮膚内部で「軽い熱傷(やけど)」を帯びたような状態になるためです。

熱傷(やけど)

術後の赤み症状などと同じ理由で、熱傷リスクも一定程度ございます。施術担当者は確かな知識を持った医療従事者(医師もしくは看護師)ですので、極端な熱傷は通常考えられませんが、熱傷リスクを100%排除するのは難しいというのが正直なところです。

打ち漏らし

打ち漏らしとは、レーザーを照射した毛がスルッと抜け落ちずに依然として強く残り続けるものです。通常、レーザー照射後は2週間程度で該当部位の毛が抜け落ちますが、稀に毛がうまくレーザーに反応していなかったということが起こります。また、例えばヒゲが白髪になっているようなケースでは、そもそもそのヒゲのメラニン色素が失われてしまっているため、脱毛効果を届けられないということが起こります。

泥棒ヒゲ

泥棒ヒゲとは、レーザー脱毛施術を受けた部位のヒゲが離脱に向けて一時的に浮き上がっているもので、まだ抜け切れずに残っている時に感じられる症状です。実際に濃くなっているわけではないのですが、レーザー照射時の熱によって皮膚にむくみがもたらされ、毛は毛包内部(≒毛穴)に取り残されているため、自然に抜け落ちるまでかえってヒゲが濃くなったように感じられます。

硬毛化・増毛化

硬毛化や増毛化とは、簡単に言うと施術前よりも毛が太く濃くなって再生され、本来の目的とは真逆の反応が現れてしまう症状です。ヒゲ脱毛については、他の部位に比べてこのリスクはかなり低くなっています。お顔の脱毛においては、額など産毛に近い薄い毛が生えている部位もございます。このような部位へのレーザー照射については、硬毛化や増毛化リスクも一定程度残されています。

効率的なレーザー脱毛器を使用します!

痛みを低減させる取り組み

医療脱毛専門機関としての対応


レオクリニックの脱毛プラン

予約・問い合わせフォーム