受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

学生メンズ脱毛

学生のうちに始めるメンズ脱毛はお得

学生のうちに始めるメンズ脱毛はお得

※2019年9月1日以降にご契約の方対象

「比較的融通の利く自由な時間」は、学生さんだからこそ持てる特権のようなものです。バイトやクラブ活動にいそしむ人もいれば、受験勉強から解放された今だからこそ恋愛に注力するという場合もあるでしょう。自由な時間を謳歌するのはもちろん素敵なことですが、一方で学生でいられる時間はごくわずかだという事実もあります。後から「あの自由な時間をもっと有効活用しておけば良かった…」と思う前に、「今こそヒゲ脱毛(レーザー脱毛施術)」をご紹介したいと思います。日々髭剃りに煩わしさを感じている学生さんは必読です。


学生の間のヒゲ脱毛が良い理由…メリットが多すぎる!

結論から言うと、学生のうちにヒゲ脱毛を完了させてしまうことがオススメです。なぜ学生の頃にヒゲ脱毛を終えておいた方が良いのかと言うと、以下のような理由(メリット)があるためです。

学生のうちに脱毛を完了させておいた方が良い理由

● 社会人になってからでは時間確保が難しくなる

● 予約の込み合う時間を避けやすく、施術完了までの道のりがスムーズ

● 就職活動の際に、面接官に好印象(清潔感)を残しやすくなる

● 就職後にツルピカデビューを志すよりも、仕上がった状態で入社する方が対人関係も快適

● 半永久的な脱毛効果があるので、早く施術を受ければ受けるほど長くメリットが味わえる

このように整理して考えると、「今こそヒゲ脱毛!」という理屈が理解できると思います。ところが、「そうは言ってもなかなかクリニックの扉を叩けない…」という学生さんならではの事情も考えられます。


学生にとっての医療脱毛の課題…「不十分な経済力」

学生にとっての医療脱毛の課題…「不十分な経済力」

ヒゲ脱毛に興味を抱く学生さんには、ぜひとも今のうちに施術をお受けいただきたいと考えます。しかしながら、学生さんが「レーザー脱毛施術」を受けようとする場合、「施術費用をどうやって工面するのか…」という問題があります。どうにかしてこの問題をクリアできないのか…。打開できるプランをいくつか考えて見ましょう。

解決策 ① 費用負担の少ないエステ脱毛はどうか…

「医療脱毛(レーザー脱毛施術)は高いので、エステ脱毛(フラッシュ脱毛、光脱毛)を選択すればよい」と考える確率はかなりあるように思います。「同じような脱毛施術なので、学生の身分ならこれで十分なのでは?」といった発想です。

「無駄払い」に終わるのでご注意を!

誠に残念ではございますが、格安の「エステ脱毛」に通っても「持続する脱毛効果」は得られません。一維持的にムダ毛(ヒゲ)が抜け落ちるかもしれませんが、照射する「光の出力」が圧倒的に不足しています

毛根組織を破壊するだけの熱量はないため、抜け落ちても再生してしまうことが予め決まっているのです。法的なところで言っても、「毛根組織を破壊しても良いのは医療脱毛だけ」というルールがありますので、頑張って工面した費用も「無駄払い」に終わってしまいます。このようなことから、「エステ脱毛でとりあえず…」という選択肢は今この瞬間に除外しておくことをオススメします。

解決策② 医療ローンやクレジットカードで分割決済する

他のクリニック(医療機関)と同様に、当院でも「医療ローン」のご利用や各種「クレジットカード」の分割払いなどをご利用いただけます。今全て一括にてお支払いいただくのではなく、分割手数料を支払うことで毎月のお支払いを抑える方法です。 一時的にご負担が少なくなるため「これなら行ける!」とお思いになるかもしれませんが、通常の一括払いよりも総支払額が多くなってしまうというデメリットもございます。クレジットカードの分割払いの方で具体的な負担額をご紹介しますので、一つの選択肢としてご判断ください。

医療ローンなら「保証人」が必要

「医療ローン」をお考えの20歳未満の学生さんの場合には、たとえアルバイトで定期的な収入があるケースでも「保証人」が必要になります。このため、一般的には親御さんのご協力(了承)を得る必要があり、「未成年の息子にローンを組ませるくらいなら親の側で立て替える」という結果になることが多くなると思います。医療ローンと言っても「お金の融資」に他なりませんので、何かの都合で払えなくなる可能性もゼロではありません。社会人になる前にそのような金融リスクを負うことは、やはり簡単に選択すべきでないと言えるでしょう。

学生向けのクレジットカードで分割するのは?

学生向けのクレジットカードで分割するのは?

クレジットカードには学生向けのものもあり、こちらも一般のクレジットカードのように「分割決済」が可能です。一般的には年利15%未満くらいまでの設定となっており、トータルの負担が増えても例えば12回の分割にするのであれば1年間に分けて払うということも可能です。

年利については、仮に「年利15%」と聞くと、10万円であれば1万5千円の手数料という計算をしてしまいがちです。ところが、実際にはお支払残高は徐々に減っていくので単純にこのような計算にはなりません。

たとえば、「三井住友VISAカード」では、以下のように100円あたりの分割手数料を案内しています。ご契約総額に対して総額でどれくらい増えるのかは、この金額を元に算出すれば良いでしょう。

お支払回数 実質年利(%) 100円あたりの分割手数料
3回(3ヶ月払) 12.00% 2.01円
5回(5ヶ月払) 13.25% 3.35円
6回(6ヶ月払) 13.75% 4.02円
10回(10ヶ月払) 14.25% 6.70円
12回(12ヶ月払) 14.50% 8.04円
15回(15ヶ月払) 14.75% 10.05円
18回(18ヶ月払) 14.75% 12.06円
20回(20ヶ月払) 14.75% 13.40円
24回(24ヶ月払) 14.75% 16.08円

※参照元ホームページ:三井住友カード株式会社

では、もう少し具体的なところが捉えられるように、当院のヒゲ脱毛プランを例にとって計算してみましょう。

例. 1年間最大12回の「ヒゲ脱毛パスポート(ヒゲ全体プラン)」を12回払いにした場合

施術費用 59,800円(税抜) → 64,854円(8%税込み)のお支払例

12回払いでの分割手数料 ・・64,854円÷100×8.04=5,214円の負担増

12回払いでの支払い総額 ・・64,584円+5,214円=総費用69,798円

毎月のお支払い額           ・・5,817円程度(×12回)

※上記はあくまでも「三井住友VISAカード」の例です。 各クレジットカード会社によって年利設定額は異なるため参考程度にお考えください。

このように計算すると、毎月6,000円程度をご用意いただいて1年間でヒゲを一網打尽にしてしまうことも不可能ではありません。もちろん、既に学生向けのクレジットカードを所有していることが前提となりますが、これであれば普段から少し節約意識を持てば可能になるかもしれませんね。

ただし、クレジットカードの分割払いもあくまでもクレジットカード会社に立て替えてもらっているという事実を忘れてはなりません。支払い遅れにはペナルティーが生じますので、冷静に判断してご選択ください。

解決策③ 医療脱毛の中で格安の「ヒゲ脱毛」を試す!

男性向けの「ヒゲ脱毛」は近年急速に需要が高まっているため、医療機関のレーザー脱毛施術でも格安のトライアルプランなどが多く登場しています。前述の分割決済などでは、未来にご負担を繰り延べる形になりますので、そのような決済を嫌う場合は各クリニックのホームページなどでお得なプラン巡りをしてみてはいかがでしょうか。

当院でも各種キャンペーンプランをご用意していますので、定期的に以下のリンク先をご確認いただき、ここぞと思ったタイミングで「ヒゲ脱毛」のご相談にいらしてください。

参照) 「レオクリニック恵比寿」の期間限定キャンペーンプランのページ


迷ったときは「無料カウンセリング」へ

当院は全ての患者さまに初回「無料カウンセリング」をご用意しています。これは脱毛施術のご契約が前提となったものではなく、お気軽にムダ毛やヒゲのお悩みをご相談いただけるものとなっています。医療機関(クリニック)では、一般的にエステサロンのような「執拗な勧誘」もございませんので、首都圏近郊にお住まいの方はどうぞお気軽にご利用ください(当院は恵比寿駅より徒歩3分の立地です)。

また、学生さんには以下のコラムも参考になるかと思います。ぜひご一読いただき、ご来院前にヒゲ脱毛のイメージを膨らませてみてください。

参照) 就活生のヒゲ脱毛 印象UPが期待できる清潔感効果!

皆さまのご相談をスタッフ一同お待ちしております。

予約・問い合わせフォーム