受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

はじめて脱毛をご検討の方へ

「メンズ医療脱毛」を理解することが重要です!

「メンズ医療脱毛」を理解することが重要はじめての脱毛施術をご検討中の方、エステ脱毛からのお乗り換えをご検討中の方など、脱毛施術について知っていただきたいことがございます。部分的に耳にした情報のみで行動を起こすのではなく、しっかりとした正しい知識をお持ちください。ここではリスクと効果の面から、脱毛施術に関する押さえておくべきポイントを4つ簡潔にお伝えします。


1.生えてこなくなる施術=医療行為=医療機関でのみ可能!

脱毛施術には、「医療脱毛」以外にも「エステ脱毛(≒脱毛サロン)」という選択肢もございます。厚生労働省は「強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は医療行為である」との見解を示していますので、医療機関以外のエステサロンなどでは「永続的な脱毛効果」を狙った施術は行えません。 つまり、医療機関でなければしっかりとした「生えてこなくなる脱毛」はご提供できません。脱毛施術をご検討中の方は、ぜひ本来の目的をお考えの上、確かな脱毛効果が狙える医療脱毛をご選択ください。

効率的なレーザー脱毛器

医療レーザーとエステ脱毛の違い


2.脱毛は毛根組織の破壊行為=痛みの発生が前提=対処の仕方がカギ

ムダ毛が持続的に生えてこなくなるといった脱毛効果を狙う場合、毛根組織を破壊、もしくは機能停止に追い込む必要がございます。これには相応の熱エネルギーが必要で、熱が毛根奥にまで伝わるときに一定程度の痛みが伴います。ヒゲなどの部位については、やはりそれなりの痛みが生じます。 痛みはあるものという認識からスタートしていただき、それを極力緩和させるようにフォローしていくのが当院の姿勢です。「生じる痛み」は「強い脱毛効果の証」です。我慢できない場合には表面麻酔を施すことが可能です。

痛みを低減させる取り組み


3.脱毛施術に伴うリスク=医療機関だからこそ提供できる医学的処置

しっかりとした脱毛効果を狙う場合、毛母細胞を破壊するといった医療行為が必要になります。レーザー光によって瞬間的に高熱を毛根奥にまで浸透させますので、一定程度副作用や施術リスクがございます。 術後のヒリヒリ感などは多くみられるもので、抜けた毛穴に雑菌が入り込み白ニキビのような症状が生じるケースもございます。軽度の熱傷(やけど)が生じてしまう可能性もありますが、医療機関ではこのような施術リスクを適切にコントロールし、しっかりとした医学的対処を行ないます。

医療脱毛専門機関


4.脱毛施術は1年レベルのお付き合い=信頼できる医療機関を!

医療脱毛ではエステサロンの一時的な減毛処置とは異なり、施術のたびに都度持続する脱毛効果をお届けします。それでも今見えているムダ毛は全体量の2割程度に過ぎませんので、複数回施術を重ねなければツルツルの状態にたどり着くことができません。 男性の場合、概ね2か月~3か月程度の感覚を空けて同部位に5回~6回程度のレーザー照射を行なっていただくと、じわじわと目に見えて毛量が減っていきます。当院は、施術をスタートする前にしっかりと理想のゴールをとらえ、患者さまに最適化したプランとスケジュールを作成させていただきます。

コンサルティング型脱毛

予約・問い合わせフォーム