受付時間12:00-21:00 (土日も診療)休診日年中無休

クレジットカード

クレジットカード・医療ローン取り扱い

恵比寿すぐ

渋谷すぐ

医療脱毛専門機関

脱毛スペシャリストが男性に特化した施術をご提供

脱毛施術のスペシャリスト男性向けの脱毛施術は比較的近年普及し始めたもので、専門機関の数もまだまだ限られています。当院は実績豊富なジュエルクリニックグループが母体となっているため、脱毛施術に重要な経験面を適切に情報共有し、施術担当者の技術としてうまく取り込むことができています。

特に男性患者さまの場合にはゴツゴツとした骨格という特性もあり、脱毛のスペシャリストが施術技術の差による効果の違いを生じさせないように調整しております。日々のほとんどの時間を脱毛機器の照射に費やしている医療従事者(医師もしくは看護師)が皆様をご担当いたしますので、どうぞご安心ください。


医師が答えるお悩み相談(無料カウンセリング)

医師が答えるお悩み相談カウンセリングとは、一人ひとりの患者さまのお悩みをカウンセラーが紐解き、専門家視点のアドバイスを織り交ぜながら患者さまの心の中に巣食う根本的な問題点を解きほぐしていく相談援助のことです。

脱毛専門機関を訪れる患者さまのお悩みの場合には、医療脱毛という信頼性の高い解決策が先にご用意できていますので、大きくムダ毛のお悩みというテーマをとらえながらもプライバシー領域に過度に踏み入れないような対応を心がけております。もちろん、患者さまの側で聞いてもらいたい内容がございましたら、何でも気軽にご相談いただけるようなホスピタリティーもご用意しております。

不安なことを全てお話しください

脱毛メカニズムの基本的な内容から脱毛リスク、目標となるゴールまでの目安期間などを織り交ぜ、ご希望の施術部位を念頭に最もベストだと思われる脱毛プランをご提案いたします。ご質問事項がおありの際は、あらかじめ要点をまとめてご来院いただきますと、スムーズでご満足度の高いカウンセリングをお感じいただけるはずです。

医療機関だからできる圧倒的な脱毛効果とリスク対応

「医療行為」という力のコントロール

脱毛効果とリスク対応医療機関における脱毛施術は、レーザー光等の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、これによって毛根組織を破壊して毛の生成能力を奪う行為です。厚生労働省はこれを明確な医療行為として認定し、医師の管理監督下でなければこの行為を行なってはならないという旨の通達を出しています。

脱毛施術による「清潔感の見える化」は時代の中でひとつのトレンドのようなうねりとなっていますが、施術現場で実際に行なわれるのは、人の持つ「毛を生成する機能を破壊する行為」にほかなりません。だからこそ、徹底したリスク管理と副作用に対するコントロール能力が必要です。

医療脱毛で10年の実績を有するジュエルクリニックグループです!

当院は10年の実績を有するジュエルクリニックグループが母体となった医療機関ですので、培ってきた確かな経験とノウハウがございます。一時的な副作用が生じたような際も、適切にリスクコントロールして症状の悪化を回避し、快適な脱毛効果のみを残せるようにサポートさせていただきます。どうぞご安心ください。


レオクリニックのリスクコントロール

術後すぐの赤み・むくみ・ヒリヒリ感

術後すぐの赤み・むくみ・ヒリヒリ感

原因

レーザー照射によって行われるのは毛根組織の破壊行為です。皮膚表面で照射されたレーザー光は、毛のメラニン色素に吸収されて熱エネルギーとして毛根内に浸透します。この時、毛根の内部では軽いやけどのような作用を受けますので、どなたでも少なからず赤みやヒリヒリ感を生じます。またこの熱によってむくみ症状が出るケースもございます。お肌の弱い方の場合、このような反応が少し大きく出る可能性が考えられ、数日間ヒリヒリした感覚を覚えるケースもあります。

炎症止め軟膏

レオクリニック式対処法

炎症を抑える作用のある「炎症止め軟膏」を術後に塗布させていただきます。また、この軟膏をご自宅でもご使用できるように処方させていただきます。通常2~3日程度で引いていくものなので、様子を見ながらご使用ください。なかなか症状が良くならないようなケースでは、どうぞご遠慮なく当院へご相談ください。


毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎(もうのうえん)

原因

毛嚢炎とは、お肌のバリア機能が弱まることで一時的に雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまう症状です。白ニキビのような状態になるもので、見た目への悪影響が考えられます。ヒゲやワキ、ビキニラインなどムダ毛が太く濃い部位のほか、胸や背中など皮脂線が多い部位などでよく見られます。毛抜きで毛を抜いた際には、毛穴の広がりが毛嚢炎リスクを高めるとも言われています。医療脱毛におけるレーザー脱毛施術は、ムダ毛がするっと抜け落ちるため毛穴自体を広げるようなことはありませんが、やはり一時的に菌が入り込んで炎症を招く可能性があります。

レオクリニック式対処法

レオクリニック式対処法

軽度の毛嚢炎であれば、1~2週間もすると自然に治まります。ただし、炎症がひどい場合には化膿するようなケースもございますので、経過観察の中で状況に応じてご連絡いただきますようお願いします。この際の診察やお薬の処方(内服薬や軟膏など)については無料で対応させていただきますのでご安心ください。


熱傷(やけど)

熱傷(やけど)

原因

医療脱毛で用いるレーザー光は、メラニン色素に選別的に吸収される光の集まりです。日本人のムダ毛は比較的メラニン色素を多く含んでいますので、通常レーザー光は毛の中のメラニン色素によって吸収され、熱エネルギーが毛包全体に浸透して毛根奥の毛母細胞(=発毛関連の司令塔)を破壊します。 レーザーの出力レベルが弱ければ毛母細胞は破壊しきれず、出力を上げすぎると行き過ぎた熱が皮膚組織の熱傷(やけど)を生みます。また同じ出力レベルであっても施術をお受けになる患者さまによる違いや、患者さまのその日のお肌の状態による違い、患者さまの施術部位の毛質の違いなどによっても熱傷リスクは細かく変動します。 このほか「日焼け後のお肌」あるいは「元々お肌が褐色よりの方」などにおいては、お肌事態にメラニン色素が多く含まれているため、レーザー光が皮膚組織に対して熱傷をもたらす可能性が極端に高くなります。

レオクリニック式対処法

レオクリニック式対処法

熱傷を生まないための心構え

まず、前提として脱毛施術前に日焼けをさけるようにお願いしております。また、脱毛後も皮膚が軽いやけどを負った状態ですので、バリア機能の衰えているお肌で紫外線を浴びるようなことは避けていただくようにご案内しています。海水浴などにおいても一定の冷却期間を経てからしっかりとUVクリームなどを塗布していただき、主体的でない日焼けを意識していただくようにお願いしております。

施術で熱傷を生じた場合の対処法

上述したように、どれだけ慎重に対処しても脱毛施術によって熱傷を生じる可能性が一定程度ございます。皮膚科において熱傷はⅠ度からⅢ度で分類されますが、医療従事者が施術に当たりますので極端な熱傷は通常考えられません。皮膚表面の軽いやけど(Ⅰ度)か、場合により少し水疱(水ぶくれ)ができるような場合、もしくは皮膚内部で赤くなったり紫色になったりするケースなど(Ⅱ度)が考えられます。これらは軟膏等の塗布で概ね1~2週間程度で瘢痕(きずあと)なく治るのが一般的です。術後、帰宅した後に水疱(水ぶくれ)などが生じた場合は、お手数ですがお早めにご連絡いただけますようにお願いいたします。医師が診察の上で適切な対応をさせていただきます。


硬毛化(こうもうか)と増毛化(ぞうもうか)

硬毛化(こうもうか)

原因

硬毛化とは、レーザーの照射時に毛の生成組織(毛母細胞)を破壊しきれず、中途半端な刺激がかえって毛の生成能力を高めてしまうときに起こるものです。増毛化が毛深くなって再生することを意味するのに対し、硬毛化とは、硬く太い毛になって再生されるというニュアンスの違いがあります。 いずれの場合もポイントとなる原因は、メラニン色素の薄い産毛(うぶげ)に対して施術を実施することにあります。医療脱毛のレーザー光は太くしっかりとした毛であればあるほど強い熱エネルギーを浸透させられるのですが、産毛の場合にはレーザーを受容するメラニン色素自体が少ないため中途半端な刺激となってしまうケースが多いのです。対処法はございますが、一つの知識として「医療脱毛は産毛に対応しにくい」という点を押さえておいてください。

増毛化(ぞうもうか)

レオクリニック式対処法

男性患者さまの中には、デリケートゾーン以外の全身のムダ毛をツルツルにしたいと仰る患者さまもおられます。このような際はしっかりと産毛領域の硬毛化・増毛化リスクをお伝えし、その可能性を理解したうえで産毛なども含めてレーザー照射するというケースがございます。 最終的に硬毛化・増毛化症状が現れた場合については、再生された太くしっかりとした毛に対して再度レーザー照射していくことで解決していくという方法がございます。ただし、毛の再生サイクルを加味すると施術期間が通常よりも長くなりますので、この点はしっかりと押さえておく必要があります。


男性患者さまへのメッセージ

男性患者さまへのメッセージ当院では、脱毛のスペシャリストである専門医が患者さまの立場に立ってわかりやすく医療脱毛のいろはをお伝えしております。どの程度の脱毛効果が見込めるのか、どれくらいの施術期間を要するのかなど、身近な疑問点をどうぞお持ちください。

カウンセリングについては無料で実施させていただいておりますので、ただ話をお聞きにいらしていただくだけでも全然問題ございません。医療機関ですので、エステサロンのような一方的な勧誘などはございません。どうぞご安心いただき、男性専門の医療脱毛機関「レオクリニック」を新しいライフスタイルのパートナーにお選びください。

予約・問い合わせフォーム